郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】こんな劣化ございませんか?~破風~(濱津)

【郡山市】こんな劣化ございませんか?~破風~(濱津)

皆さんこんにちは!濱津です。

気温も一気に下がり、冷え込む毎日ですが、皆さん元気ですか?

私はとある事情で昨日から代車なのですが、普段使用している車には私の大好きな

黄色いキャラクターのグッズがたくさん乗っているので、代車の期間は少し寂しいです。。

でも、思いのほか代車の方が運転がしやすいので、快適に通勤させて頂いております!!

先週のブログでもお話しましたが、インフルエンザの季節到来ですね。

私も毎年この時期は予防接種を受けるのですが、今年ももちろん受けます。

予防接種のおかげでここ数年はインフルにかかっていません!

明日からはいよいよ11月に突入です。

今年もインフルを発症することなく、終わりたいと思いますので、

皆さんも一緒に頑張りましょう!!

 

さて、本日の内容は、付帯部の”破風”という部分についてです。

破風の材質はご自宅によって様々ですが、本日は破風の材質が木の場合でお話致します。

 

 

こちらは破風の写真です。(材質は木です。)

少し見ずらいですが、塗膜が剥がれている様子が分かります。

 

 

 

 

基本的に材質が木の場合、塗装を行う際は、木部用の下塗り材を使用し、上塗り材には弾性硬化剤を使用します。

木も呼吸をするので、弾性硬化剤を使用しないと塗膜が割れてしまったり、不具合が生じる可能性があるからです。

今回のご自宅の場合も、上記の方法での塗装をご提案させて頂きました。

 

しかし、一度塗り替えを行っているご自宅で、塗膜が著しく剥がれてしまっている部分に関しては、

再度塗装を行っても剥がれやすいという点が懸念されます。

 

そこで、今回破風に関しては、既存の破風の上から板金で巻くという方法もご提案させて頂き、

こちらの方法で施工させて頂くことになりました。

 

屋根外壁以外のご自宅に付随する付帯部に関して、塗装での保護以外にも方法はありますので、

ご自宅の状況に応じてご提案させて頂きます。

 

それでは来週は11月のブログです!また来週お会いしましょう!!

濱津なつみ

郡山店リモデル事業部