郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 塗装豆知識 > 【郡山市】アンテナの錆に要注意!(濱津)| 郡山塗装|いわ…

【郡山市】アンテナの錆に要注意!(濱津)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

 

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく濱津なつみです!

 

皆さんこんにちは!濱津です!

 

本日は”錆(さび)”についてです。

 

錆は、金属の経年劣化により生じる代表的な劣化症状の一つです。

屋根や外壁が金属でできているご自宅にお住いの方は、錆が発生しているかどうかが

メンテナンスを検討する一つの目安にもなります。

 

さて、本日は屋根や外壁以外の部分で錆が発生する事例についてお話致します。

 

アンテナの足の錆

 

屋根の上に設置してあるアンテナの足から錆が発生しています。

 

こちらは屋根の上に設置してあるアンテナの足が錆びてしまっている状態です。

新設時は足の色がシルバーやグレーのような状態だったのですが、

ご覧の通り錆によって茶色くなっております。

 

 

 

 

アンテナの足は錆びていますが、屋根自体は退色しているものの、比較的劣化症状は軽く見えます。

実際屋根は簡単にご自分で確認できるような場所ではないですし、

このような状態であれば”まだ大丈夫そうだな。”と思われる方も多いと思います。

 

ところが、私たちがこういったご自宅の調査に伺わせて頂いた際は、メンテナンスをお勧めさせて頂きます。

なぜなら、アンテナの足が錆びている為、屋根に錆が移るからです。

先ほどの写真でもわかるように、既に足から錆を伴う汁(錆汁)が屋根に流れ、屋根自体に錆が生じ始めております。

こういった他の場所から生じた錆によって錆が移ることを、”もらい錆”と言います。

 

屋根自体に錆が生じていなくても、アンテナ等不随する部分に錆が生じている場合、屋根に錆が移るのは時間の問題です。

 

最近はアンテナも従来の屋根に乗せるタイプではなく、外壁に取り付ける壁掛けタイプが多くなってきております。

壁掛けアンテナの写真です

 

やはり屋根の上にアンテナがあると、台風時の強風や地震の

影響で倒れたり、電波が入りづらくなったりします。

壁掛けですとそういった不具合を避けることが出来ますので、おすすめです。

 

 

 

屋根の状態が気になる方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょう!

 

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

濱津なつみ

カスタマーマーケティング室技士

スタッフ郡山店