郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 塗装豆知識

塗装豆知識の記事一覧

梅雨入り前にCHECK

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく長沢です!   最近、同期と一緒に応援している 〇レ〇ワちゃんのLIVEに行って参りました! 思い出の曲ばかり歌ってくれて なんだか運命を感じちゃうような素敵な時間でした♡ ライブの後は心機一転!! これから迎える梅雨のジメジメした天気も 吹き飛ばしちゃうくらい元気に頑張りたいと思います!! 皆さんは梅雨入り前の建物チェック。もう済んでいますか? 本日は『梅雨入り前にCHECK』してほしい建物のアレコレについて!   『梅雨入り前にCHECK』   ぜひ、最後までお付き合いください ♪     1. はじめに 6月と言えば【梅雨】 天気が悪いと心も体調も なんだか沈み気味になってしまいますよね...?   「出来るだけお家から出たくない!!」 そんなお客様もいらっしゃるかもしれません。   せっかくまったり時間を過ごしているときに 思いもよらないお家からのSOSで 頭を抱えたくはないですよね!   今回は、そんな梅雨入り前にぜひチェックして頂きたい お家の健康診断についてお話ししていきたいと思います。   皆様、ぜひ最後までお付き合いください。     2. 梅雨入り前のチェック項目   【梅雨】と【建物】を連想したときに 真っ先に思い浮かぶことが         - 雨漏り -             だと思います。   普段の天候とは打って変わって 連日、多くの雨風にさらされる梅雨の時期は、 今まで見つからなかった箇所からの 雨漏りが発見される可能性があります。   また、雨風でさらに脆くなった建物から 新たな雨漏り箇所が出てくることも大いにあり得ます。   まずは一般住宅で主に雨漏りする箇所は 一体どんなものがあるのか、見ていきましょう。   雨漏りが起きやすい箇所 雨漏りが起きやすい場所は 基本的に建物の「隙間」があげられます。   ◎屋根 ◎外壁  ・大きなひび割れや凍害から起こるケース  ・外壁材の防水性の低下から起こるケース ◎窓のサッシ(シーリングの隙間) ◎ベランダ ◎外部と繋がる配管や換気扇 ◎排水設備のつまり   雨漏りが起きやすい箇所を事前にしっかりと把握しておくことで いざ雨水が建物内に侵入した場合 被害が拡大する前に入水源を突き止め、簡易的にふさぐことが出来ます。     次は、雨漏りが起きた際にお客様自身でできる 応急処置の方法についてみていきましょう。   雨漏りが起きた際の応急処置 ◎バケツなどで侵入してきた雨水をためる ◎ビニールシート等で雨水の入水源をふさぐ ◎頼りになるリフォーム業者に早急に連絡する   実際に雨漏りが起きても、 業者がすぐに駆け付けてくれるとは限りません。 業者の到着を待つ間にも、雨水の侵入は続きます。 少しでも被害の拡大を抑えるため、 入水源をふさいだり、高所からの雨漏りの場合は 床を腐食しないように、落ちてくる雨水を 受け止める体制を取りましょう。   詳しい応急処置については過去のブログをご覧ください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  雨漏りは自分で修理できる?!         3. 梅雨時期に塗装はできる?   梅雨時期に塗装工事はできるのか? といった疑問を抱く方もいらっしゃるかと思います。 結論から申し上げますと 梅雨時期でも塗装工事は「できます」!   実は、塗装が出来ない時期というのは存在しないのが事実です。   し・か・し !!   塗装工事が出来る天候には【条件】があります。   塗料メーカーの出している塗装の基準では   湿度:85%未満 気温:5℃以上   の環境下であれば塗装が可能とされています。 そのため、【梅雨の時期だから塗装が出来ない】 ということではないのでご安心ください。   ここで肝心なのは、ご自宅を塗装する業者が   しっかり塗装の行える環境を理解している業者であるか また 塗装が出来ない旨をきちんと説明してくれる業者であるか を見極めることにあります。       4. おわりに いかがだったでしょうか? 今回は『梅雨入り前にCHECK』 という題材ついてお話しいたしました。   郡山塗装のHPでは、無料で 御見積りのシミュレーションが出来る機能を搭載しております。 もしよろしければ、そちらも立ち寄ってみて下さい(^▽^)/ 御見積りシミュレーション       創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.05.26 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ

ALC外壁について

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただきます荻須です!  今回は、ALC外壁の特徴について紹介します! 1.ALC外壁とは?  ALC外壁とは、高温高圧で養生し成形した軽量気泡コンクリートのことです。セメント・生石灰・発泡剤が主原料で、気泡等の空隙部分が全容量の80%を占めています。  また、外壁に使用されるALCはパネル状で、“ALCパネル”と呼ばれています。このパネルには厚型(厚さ35㎜~75㎜未満)と薄型(75㎜以上)の二種類あり、形状についても平らな部分に使用される一般パネルと、建物の四隅に使用されるコーナーパネルの二種類に分けられています。   2.メリット 耐久性が高い  ALCは耐久性に優れ、地震にも強いという特徴があります。  防水工事などの定期的なメンテナンスを行うことで、耐用年数は50年を超えるといわれています。   断熱性、耐火性に優れる  ALCパネルは内部に多くの細かい気泡を含んでいるため、その気泡が空気の層を作り熱の伝わりを抑えてくれます。熱伝導率は一般的なコンクリートの1/10程度といわれています。  また、ALCパネルの主原料は無機質のセメントや珪石のため燃えにくく、万が一火災が発生した場合でも有害物質が発生しません。   遮音性が高く、音を吸収する  ALCパネル内にある多数の気泡が音を吸収し外から住宅内に伝わる騒音を軽減させることができるため、プライバシーを保護しつつ快適な室内で過ごすことができます。   3.デメリット 水に弱い  ALCパネルは、外壁内部に多数の気泡が含まれている吸水性が高い素材です。内部の気泡に水が浸入してしまうと、ひび割れ・膨張・欠落の要因となるため、表面を塗装で保護し防水性を高める必要があります。   他の外壁材に比べて費用が高い  サイディングやモルタルといった他の外壁材と比較すると、ALCパネルは価格が高い傾向があります。しかし、耐用年数の長い建材のため長く暮らすことを考えるとコストパフォーマンスが良いといえます。   4.最後に ALC外壁は耐火性、耐久性に優れていますが防水性には注意が必要です。 長く快適に過ごせる住宅環境を保つためにも、約10年周期で点検とメンテナンスを行うことが重要となります。外壁は見た目の良さだけではなく家を守るために重要な役割を果たしているので、定期的なメンテナンスでALC外壁の性能を最大限生かしていきましょう!   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!       ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.05.25 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ
アンケート ご協力のお願い

アンケートご協力のお願い

  郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく濱津なつみです!   皆さんこんにちは!濱津です! 本日は【アンケートご協力のお願い】というテーマでお話させて頂きます。 ぜひ最後までご覧ください!         【目次】 はじめに アンケートをお願いする意図 アンケートのその後 おわりに   はじめに 郡山本社では、施工が完了したお客様に2種類のアンケートをお願いしております。 一つ目は、弊社が加盟しているプロタイムズから郵送されるアンケートです。 こちらは返送の他に、オンラインでの回答も可能ですので、お気軽にご回答頂けるかと思います。   二つ目は、弊社郡山塗装オリジナルのアンケートです。 こちらは工事完了後に営業担当から完工書類などと一緒にお渡しさせて頂いております。   本日はアンケートのご協力を頂く意味についてお話させて頂きます。 このブログが塗装を検討している皆さんの参考になれば幸いです。   アンケートをお願いする意図 まず初めに、アンケートをお願いする意図についてです。 弊社は創業95年の地域密着でやらせて頂いている会社なので、塗装の品質には自信があります。 もちろん全てのお客様にご満足して頂けるよう、日々努力していますが、 中には私たちが気づかない間にお客様にご迷惑をお掛けしてしまっている場合があります。 本来ならご迷惑をお掛けしてしまう前に気づくべきなのですが、完工まで気づけなかった場合、 営業担当は最後までご迷惑をお掛けしたことに気づかないまま過ぎてしまいます。   また、お客様が何かお気づきの事があっても、営業担当に言えず、 モヤモヤしたまま、完工してしまう場合もあるかと思います。 営業担当との信頼関係があまり築けていない状態では、直接営業に言いずらいと思う お客様も多いと思います。   だからこそ、お答え頂いたアンケートを読ませて頂き、 お客様がどんなことを思っていたかを知ることで、今後の施工管理に活かしているのです。     アンケートのその後 では次に、頂いたアンケートをその後どのようにしているのかをお話させて頂きます。   まず、アンケートが返ってきましたら月ごとに取りまとめて、回覧します。 お叱りのコメントもお褒めのコメントもしっかりと目を通すことで、 お叱りのコメントの場合、自分だったらどうしていたか、どのような行動をしていれば お客様を不安な気持ちにさせずに済んだのか等を考えます。   また、お褒めのコメントも非常に多く頂いておりますので、 自分以外の営業が行っている取り組みは真似して、多くのお褒めのコメントを頂けるよう、 より良い施工管理を行う学びに繋げます。   おわりに 本日は”アンケートご協力のお願い”についてお話させて頂きましたが、いかがでしたか? アンケートに記入して頂いたり、返送して頂くのは少し手間かもしれませんが、 営業に伝えられなかったこと等があれば、お答え頂く事で営業の成長に繋がりますし、 お褒めのコメントをご記入頂ければ、営業の自信に繋がり、非常に励みになります。 ぜひ、どんなことでもかまいませんので、アンケートのご協力をお願い致します!   何か心配なこと等がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。 それではまた次回のブログでお会いしましょう!   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.05.16 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌

金属屋根について

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく水野です! 今回は、最近一般住宅での使用が増えてきている金属屋根の特徴について紹介します! 1.金属屋根の主な種類 金属板を使用した屋根を金属屋根といいます。 金属の種類としてカラーバリエーションが豊富な「ガルバリウム銅板」、耐久性が高い「銅板」、防水性が高い「カラー鉄板(トタン)」などの種類があり、現在はガルバリウム鋼板を用いた屋根が主流です。 また、葺き方によっても名称の種類が変わり、長方形の平板を横長に葺いた「一文字葺き」や棟から軒先にかけて棒を並べたように葺く「瓦棒葺き」、鉄骨梁に溶接したタイトフレームに金属折版板をボルトで固定する「折半葺き」などがあります。 2.メリット ・屋根素材の中でも最も軽いので施工がしやすい ・耐震性に優れている ・耐熱性、耐水性が高い   3.デメリット ・耐熱性、耐水性が高いが金属材料のみでの断熱性は期待できない ・使用する金属材料が薄い場合、遮音性が低くなるので、雨や風の影響で金属板から音が発生する場合がある また、経年劣化が進むと錆が発生するので、耐久年数を少しでも延ばすために、防水加工や防錆加工などの定期的なメンテナンスが必要です。   4.チェックポイント 屋根を長く維持できるように、チェックするポイントを紹介します。 皆さんがチェックできる物もあると思うので是非チェックしてみてください!!   ◇コケ・カビの発生はないか ◇表面の色あせ、変色 ◇塗膜の剥がれ ◇割れ・浮き・ずれはないか ◇チョーキングの有無 ※塗料の中の合成樹脂が分解されて、顔料がチョークのような粉状になって表面に現れる現象で、  壁や屋根の表面を触った際に粉状のものが付着することを言います。 ◇白錆・赤錆の有無 ◇穴が開いている部分はないか ◇折半部分の錆はないか   5.最後に 金属屋根は、どの種類もメンテナンス次第で長持ちする非常に優れた建材です。 屋根は天候による影響を一番受けやすい場所ですが、こまめな点検をすることによって以上にいち早く気付き対処できたり、屋根の寿命を延ばせたりできるのでメンテナンスを行って、長く維持してあげましょう!       創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.05.13 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ
施工中に気を付けること!~洗濯物・荷物編~

施工中に気を付ける事!~洗濯物・荷物編~

  郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく濱津なつみです!   皆さんこんにちは!濱津です! 本日は【施工中に気を付ける事!~洗濯物・荷物編~】というテーマでお話させて頂きます。 ぜひ最後までご覧ください!         【目次】 はじめに 施工期間中の洗濯物 施工期間中の荷物 おわりに   はじめに 先日、私のブログで施工中に気を付けることの足場編についてお話させて頂きました。 主に強風時に、しっかり施工者側が対策を行わないと、お客様にご迷惑をお掛けしてしまうことがあると お話させて頂きました。 本日は、施工期間中のお洗濯物と外に置いてあるお荷物(植木鉢やタイヤ等)についてお話させて頂きます。 このブログが塗装を検討している皆さんの参考になれば幸いです。   施工期間中の洗濯物 まず初めに、お洗濯物についてです。 お洗濯物をベランダやお庭の物干し竿に干す方が多いと思いますが、 施工期間中はお洗濯物を室内に干して頂く様お願いしています。   理由としては、塗装工事の作業中、お洗濯物に塗料やゴミが飛散してしまう可能性があるからです。 ベランダの壁を塗装する際はベランダ内に入らせて頂く為、お洗濯物が干してあると作業がしにくいという点もあります。   また、工事中は足場を設置し、営業や職人が足場の上を歩いて回りますので、お洗濯物を見られてしまいます。 こういった点から、お洗濯物は室内に干して頂きたく思います。   ※なお、お庭が広くて建物から少し離れた場所にお洗濯物を干せる場合は、干して頂くことが可能です。   施工期間中の荷物 次に、お荷物についてです。 お客様の中には、お庭にタイヤや植木鉢、自転車等を置いていらっしゃる方も多いと思います。 こういったお荷物に関しては、足場組立前にお客様自身で移動して頂くよう、お願いしております。   基本的に外壁から約1m離れた所に足場の支柱が建ちます。 その為、足場が組みあがった後は足場内にあるお荷物を簡単に出すことが出来ません。 また、高圧洗浄の際、足場内のお荷物に汚れたお水が掛かってしまい、お荷物を汚してしまいます。 なので、足場組立前にお荷物の移動をお願いしております。   もしお荷物の中に重くてお客様自身で移動することが出来ない物がある場合は、 営業や職人で移動させて頂きますので、お声がけください。   おわりに 本日は”施工中に気を付ける事!~洗濯物・荷物編~”についてお話させて頂きましたが、いかがでしたか? 何か心配なこと等がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。 それではまた次回のブログでお会いしましょう!   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.05.11 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌

塗料と環境問題

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく長沢です!   最近子供のころに大好きだったアニメを見返しました!! 【錬金術】をテーマに主人公とその弟が目的達成の為に旅をする物語なのですが 食物連鎖やら原子記号やら 化学チックな言葉が飛び交う場面も多かったので 子供のころはあまり理解できないまま見ていたな~と 想い出に浸っている今日この頃です!   さて、本日は『環境』に関するお話しです。   『塗料と環境問題』   ぜひ、最後までお付き合いください ♪     1. はじめに 塗装において必要不可欠なのが 【塗料】 近年様々な性能を持つ塗料が増えていく中 実際その塗料は 人体や地球にどれほどの害があるのか 気になるところですよね...。 今回は 外壁や屋根の塗装に使用する塗料と 環境問題の関係性について お話ししていけたらと思います。   皆様、ぜひ最後までお付き合いください。     2. 塗料と地球環境   まず初めに、塗料と地球環境の問題について お話ししていきたいと思います。   実は塗料を構成する内容物について 『溶剤』は環境に対して悪影響を及ぼす可能性があるものです。   溶剤とは簡単に説明すると 塗膜を対象物につなげる働きがあります。   塗料を構成するうえで必要不可欠な溶剤ですが 大気に放出されることで 気候変動や生態系の破壊にもつながる恐れがあります。   そのため、塗料を処分する際は 適切な方法で処分する必要があります。   一般的には焼却や埋め立てによる処分が多いようですが 焼却する際にもまた、CO2問題が発生してしまうのも事実です。   お家を守るためのメンテナンスに塗装を用いることは 言わば避けては通れない道... 1回の塗装で地球に大ダメ―ジを与えるわけではありませんが 積み重ねれば何らかの環境問題に直結する議題になりかねます。 そんな中で 私たち塗装業者はどんな対策を建てられるかが 今後重要視されていくでしょう。     3. 塗料と人体被害   次に、塗料がもたらす人体への害についてお話ししていきたいと思います。 塗料による科学部質は、人体に様々な影響を与える可能性があります。 例えば、呼吸困難や頭痛、めまいなどがあげられます。 しかし、塗料が少量であったり 長時間に及び密室で継続して塗料に触れる場合でない限り 塗料から大きな害を受けるケースは少ないものだと思ってよいでしょう。 お家を塗装する際に もし不安だという場合は、担当者にきちんと相談し お家ないの換気を十分に行える状況にしてもらうなど 最大限の配慮を取ってもらえるようにお話しするのも よいかもしれません。   また、日常的に塗料と多く関わる『職人』については 定期的に健康診断を行い 万全な体制で作業をしてもらえるようにバックアップしています。       4. おわりに いかがだったでしょうか? 今回は『塗料と環境問題』 という題材ついてお話しいたしました。   郡山塗装のHPでは、無料で 御見積りのシミュレーションが出来る機能を搭載しております。 もしよろしければ、そちらも立ち寄ってみて下さい(^▽^)/ 御見積りシミュレーション       創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.05.09 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ

【郡山市】塗料の種類について🏳‍🌈(福地)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市にお住まいの皆様、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく福地です! 本日は外壁塗装に使用する塗料の種類についてご紹介いたします! ~目次~ [1]塗料の種類 [2]含有成分の違い A:アクリル  B:ウレタン  C:シリコン  D:フッ素  E:無機 [3]おわりに [1]塗料の種類 ◇水性形・溶剤形  こちらは希釈するものが何なのかで異なります。 希釈が水なら“水性形“ 希釈がシンナーなら“溶剤形“ となります。   溶剤形は密着力が高く耐久性に優れているものが多いものの、 シンナーを使用する為、施工中に臭いが強く感じる塗料があることも特徴です。   一方、水性形は臭いが少なく施工性に優れており現在、住宅の外壁塗装に使用されることが多い塗料です。 溶剤に比べて耐久性が低いのではないかというお声もいただきますが 昨今の技術の進歩で溶剤形に劣らない耐久性の塗料も多く出ています。   ◇1液型・2液型  こちらの違いは 1液…封を空けたらそのまま塗れる塗料 2液…A液とB液に分かれていて、計量し撹拌を行い塗る塗料  一般的に2液の方が1液よりもより密着性・耐久性が高いものが多いです。   ◇クリヤー・多彩色  クリヤー そのものの意匠性を残しつつ保護ができる。 色あせやチョーキングが出ているとクリヤーが塗装できない場合もある為、クリヤーを検討の際は築10年以内がおすすめ 多彩色 塗装で色を塗り重ねることによって意匠性を出す工法   ◇含有成分によって耐久性が異なる 詳しくは次の[2]含有成分の違いでご説明いたします。   [2]含有成分の違い  A:アクリル 保色性、光沢保持性が高い為日用品などに多く使われていることが多い。 耐候年数が低いが低コストで抑えられるため新築時の塗装に多い。    B:ウレタン 他の塗料に比べ弾性を持つことが特徴でありひびなどに追従してくれる働きのある塗料が多い。 アクリル同様に耐候性は短い為、塗り替えの頻度は高め。    C:シリコン 汚れに強く耐候性にも優れている為、住宅塗装の際に多く使われている塗料。 1液型と2液型、水性形や溶剤形など屋根外壁などの種類によって選定が必要であり 約10年~18年の耐候性を持ちとそれに付随しコストのふり幅も大きい。    D:フッ素 シリコンよりも耐候性に優れており約20年持つものもあり汚れに強い特徴もある為、 長くきれいに美観を保つことのできる塗料。    E:無機 ガラスや石のような炭素を含まない無機成分が主成分であるため紫外線の影響を受けにくく、 約20年以上の耐久性を持つ塗料もある高耐久な塗料。 無機の含有量が多い塗料によってはコストも高くなる。   [3]おわりに 外壁塗装の際に品質のいい耐久性の高い塗料を選ぶのは間違いないのですが… 一番大切なのは自分のライフプランに合った塗料の種類であるのかということです。 例えば… 「息子・娘夫婦や孫が今後も済むから20年以上耐久性のある塗料がいい」 「あと10年住んだらいずれかは売る予定だから10年程度でいい」 など中長期的な視野で外壁塗装をお考えいただくと選ぶ塗料の種類も絞れてくるはずです。   簡単な例を挙げると あるお家の1回目の外壁塗装で耐久性が約10年の塗料で100万円の工事があったとします。 10年後にまた同じ塗料で塗装をすると20年で200万円使うことになります。   ところが1回目の塗装で耐久性が約20年の塗料で150万円の工事をしていたとすると 同じ20年でも50万円使わずに済みます。 例↓ このように中長期的な計画があれば塗料の種類選びも困らなくなります。   しかしながらこれから20年、何があるか分からないから…ということで 塗料の種類をお悩みの方も多くいらっしゃいます。   その際はお気軽にご相談ください! 優先順位が値段なのか耐久性・デザインなのか様々なお客様のお声を聞き、最善のご提案させていただきます!   今回は以上となります。 最後までご観覧頂き、ありがとうございました。 お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!https://www.k-toso.com/toiawase/index.html また、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。 郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームで お困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-yane.com/   郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームで お困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-toso.com/ (2024.04.30 更新) 詳しく見る
塗装豆知識外壁塗装のご相談
窯業系サイディングボードです

外壁の種類 窯業系サイディング編

  郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく河崎です!   さて、ここで皆さんにクイズです! 日本で一番使われている外壁材は何でしょう??   正解は、、、、   窯業系サイディングボードです!   今回は、日本で多く使われている窯業系サイディングボードについて詳しくお話していきたいと思います! 目次 1.窯業系サイディングボードとは 2.人気の理由 3.窯業系サイディングボードのデメリット 4.具体的な劣化症状 5.まとめ   1.窯業系サイディングボードとは 窯業系サイディングボードとは、 主成分のセメントに、パルプやビニロンなどの繊維質を混ぜた材料を板状に形成した外壁材です。 製造過程において窯の中で高熱処理されるため、窯業系と呼ばれます。   2.人気の理由 色々な外壁材がある中で、なぜ人気なのでしょうか。 その理由をご紹介していきましょう! ①施工性の良さ 窯業系サイディングボードは、 あらかじめ工場で成形されている建材を壁に貼るため、工期も短く施工性に優れている特徴があります。 また、モルタルなどの塗り壁と比べて職人の技術力に頼ることなく施工できます。 ②デザイン性の良さ 窯業系サイディングボードは、 レンガ調、タイル調、石目調、木目調など様々なデザインが豊富です。 色や形のバリエーションも大変多く、金額を抑えつつも理想に合ったお家づくりを可能にしてくれます。 ➂耐火性 窯業系サイディングボードは、 不燃または準不燃材料であり、外壁材の防火構造・45分準耐火構造・1時間準耐火構造の 国土交通大臣認定を取得しており、火災に対する安全性に優れています。 そのため、防火外壁材と言われるほど防火性のある外壁材です。   3.窯業系サイディングボードのデメリット これまで多くのメリットをご紹介してきましたが、どんな外壁材にもデメリットは存在します。 デメリットを紹介していきますので、チェックしていきましょう! ①建材自体に防水性がない 窯業系サイディングボードの主成分であるセメント自体には防水性はありません。 そのため、工場製造時にアクリル樹脂塗装が施させています。 このアクリル樹脂塗装の防水性は、5〜7年程度で切れてしまいます。 また、窯業系サイディングボードの側面は塗装がされておらず、 目地部分のシーリング材によって防水性が保たれております。 そのため、表面の塗装の防水性が切れたり、シーリング材の劣化が発生してくると 建材の内部に水分が入り込むため、定期的なメンテナンスによって防水性を保つ必要性のある建材です。 ②熱をためやすい 窯業系サイディングボードには蓄熱性があり、熱を保ちやすい特徴のある外壁材です。 夏場になると、外壁が熱を持ち室内まで影響を与えることがあります。 そのため、遮熱性のある塗料を用い塗装を行うご家庭も増えています。   4.具体的な劣化症状 では、窯業系サイディングボードは、どのような劣化が発生してくるのでしょうか? メンテナンスをお考えの皆さんは、ご自宅に当てはまる部分はないか一緒にチェックしていきましょう! ①チョーキングの発生 まずは、外壁を触ってみましょう! いかがでしょうか? 手に白い粉は付いていませんか? チョーキング現象とは、 紫外線などの影響により塗料に含まれる樹脂と顔料が分離し、顔料だけが浮き上がってくる現象です。 塗膜の防水性が切れているサインとなるためメンテナンスの時期といえます。 ②コケやカビの発生 塗膜の防水性が切れてくると、表面に湿気が溜まりやすくなりコケやカビが発生します。  ③塗膜の剥がれ 窯業系サイディングボードに何かをぶつけてしまったり、傷つけてしまった、、、 こうしたときに、表面の塗膜が剥がれてしまうと建材の素地がむき出しになってしまいます。 そのため、塗膜の剥がれてしまった部分から建材内部に水分が侵入してしまう恐れがあります。 ⓸シーリングの劣化 窯業系サイディングボードの側面は塗装がされておらず、シーリング材にて防水処理が施されています。 皆さんのお家のボードとボードの繋ぎ目にこちらのシーリング材が使用されています。 このシーリング材には、ボード同士の動きに追従できるようにゴムのように弾力を持たせる必要があります。 シーリング材に弾力を持たせるため、可塑剤と言われる添加剤が混ぜてありますが、 この可塑剤は5年程度で揮発してしまいます。 そのため、シーリング材はだんだんと弾力性を失い、痩せ・ひび割れ・破断・剥がれなどの症状が発生します。 こういった症状を放置しておくと、窯業系サイディングボード内部に水分が入り込み、 反りや凍害などの症状に繋がるため注意が必要です。 ⑤反りの発生 反りは、窯業系サイディングボードの内部に雨水が侵入し、 その雨水がなかなか抜けきらず湿気と乾燥を繰り返すことで起きる症状になります。 反りが進行すると、ボードの張替という高額なメンテナンスに繋がってしまうため 反りが発生した際には放置せずに早急な対処が必要になります。 5.まとめ 窯業系サイディングボードを使用しているご自宅の皆さん! これからもお家を健康な状態で保つために、紹介した劣化症状が発生していないかをぜひチェックしてみてください! 自分じゃわからない、っ自分でメンテナンスをするのは難しい、、 その際は、外装劣化診断士が多く在籍している郡山塗装へお声がけください!     郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.04.27 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ
施工中に気を付ける事!~足場編~

施工中に気を付ける事!~足場編~

  郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく濱津なつみです!   皆さんこんにちは!濱津です! 本日は【施工中に気を付ける事!~足場編~】というテーマでお話させて頂きます。 ぜひ最後までご覧ください!       【目次】 はじめに メッシュシートの重要性 強風時の被害と対策 おわりに   はじめに 塗装工事をする上で必ずと言っていいほど必要なのが、足場です。 この時期は塗装シーズンということもあり、あちこちで足場が掛かっている建物を目にしますよね! 足場を掛ける理由としては、作業のしやすさや、職人の安全を確保するということが大きいです。 本日はそんな塗装作業に無くてはならない足場の注意点をお話させて頂きます。 このブログが塗装を検討している皆さんの参考になれば幸いです。   メッシュシートの重要性 メッシュシートとは、足場を覆う様に設置されているシートのことです。 メッシュシートを設置する理由としては、主に2つ挙げられます。   一つ目は、職人の安全の為です。 万が一足を踏み外して足場から転落しそうになっても、メッシュシートがあることにより、 足場から外側に落ちることはありません。 メッシュシートが簡易的な壁の役割をしてくれるのです。 (※それでも場所によっては転落することがありますので、施工中は常に注意が必要です。)   二つ目は、飛散防止の為です。 塗装の作業工程の中に、高圧洗浄というものがあります。 建物の汚れを高圧のお水で流し、塗料の密着を良くする為の工程です。 お水を高圧で掛ける為、水しぶきが飛びます。 建物の汚れを落とす為に行う工程なので、汚れたお水が周りに飛散してしまうと、 ご近隣の方のお車やお洗濯物に付着し、汚してしまう可能性があります。 そのようなクレームを引き起こさない為にも、メッシュシートが必要なのです。 また、風が強ければ塗料も飛散してしまいますので、必ずメッシュシートを設置しなければなりません。   そんな重要な役割を持つメッシュシートですが、強風時には気を付けなければいけません。 次にその理由をお話させて頂きます。   強風時の被害と対策 最近も風の強い日がちょこちょこありますが、足場が建った状態で強風の予報が出たら気を付けなくてはいけません。 メッシュシートには、小さな穴が無数に空いており、通常の風であれば通してくれます。 が、台風や春一番などの強風時は、メッシュシートが風を抱いてしまい、建物に影響を及ぼしてしまいます。 例えば、足場が揺れないように設置する圧縮材が風で押されて外壁に穴が空いてしまう。     足場が揺れて破風や雨樋に当たり、破損させてしまう。                                    などです。 そのような被害を起こさないよう、強風の予報が出た際には強風対策というものを行う必要があります。 強風対策はいくつかありますが、メッシュシートが掛かっていることで風を抱いてしまう為、 屋根の軒天から上に出ているメッシュシートを軒天より下に畳んだり、足場の四方の角から風が抜けるように 四方のメッシュシートをカーテンのように足場にくくり付けることで対策をします。 施工が終了している建物の場合、メッシュシートを全て外すということもあります。 また、圧縮材を壁から離しておいたり、建物にぶつかりそうな部材を緩衝材で保護しておくなどの対策もあります。   風の強さや、風向きによっても対策の方法は変わりますが、こういった対策をしていないと 塗装工事以外の工事が発生してしまいますので、私達営業は注意して現場の管理をしています。   なお、足場が建っている状態で仮に震度4以上の地震が発生した場合は、お客様の安否確認や、 建物の点検を行わさせて頂きます。   おわりに 本日は”施工中に気を付ける事!~足場編~”についてお話させて頂きましたが、いかがでしたか? 何か心配なこと等がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。 それではまた次回のブログでお会いしましょう!   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2024.04.27 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌