郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 塗装豆知識

塗装豆知識の記事一覧

当社の塗装品質について(吉田 淳)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

皆さんこんばんはー 郡山塗装の吉田です。 今回は、当社の塗装品質について述べさせていただきます。 当社は塗装品質について自信を持っています。 ・現場調査 ・診断 ・お見積り(無料) ・塗料の説明(塗料の種類・耐久年数及び金額等) ・施工 ・自主検査 ・最終チェック ・清掃 ・お引渡し ・保証書の発行 簡単に書きましたが、こうゆう流れになっています。 塗料の種類によって保証年数は変わっていきますが・・・   保証書を発行する自信があるのです。   ぜひ、塗装を検討する場合は、当社にもぜひご相談ください。 お見積りは無料ですのでお気軽に(o^―^o)ニコ       お客様の中で、屋根の状況がどうなっているの?自分の家の屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも郡山塗装にご相談ください!!外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓ https://fukushima-toso.com/contact/福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい!お電話番号はコチラ ↓↓ 0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00)ぜひお気軽にお電話ください!! (2020.07.31 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

雨どい交換について(吉田 淳)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

皆さんこんにちは(o^―^o)ニコ 郡山塗装の吉田です。 今回は、雨どい交換の話をさせていただきます。 最近は、プラスチックの雨どい・縦樋が主流になって来ました。 昔は、鉄製の雨どい・縦樋が主流で劣化が進むと サビて穴が空いたりします。 穴が開いたりすると外壁に直接水があたり 外壁に水の跡がついたり、外壁の劣化が急速に進みます。 塗装だけでなく、雨どいのみの交換等もしていますので お気軽に相談してください。 現場調査、お見積りも無料ですので お気軽ご相談ください。 連絡お待ちしております。   お客様の中で、屋根の状況がどうなっているの?自分の家の屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも郡山塗装にご相談ください!!外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓ https://fukushima-toso.com/contact/福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい!お電話番号はコチラ ↓↓ 0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00)ぜひお気軽にお電話ください!! (2020.07.31 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

シーリングについて!!(吉田 淳)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

こんにちは(o^―^o)ニコ 郡山塗装の吉田です。 今回はシーリングについて簡単に述べさせて頂きます。 外壁塗装をする際にシーリングは大変重要です。 隙間を作らず水を防ぐ大切なものとなります。 現在、外壁塗料の耐用年数は15年から20年の耐久性がある塗料も出ていますが シーリングを間違えて使用すると外壁の塗料が浮いてきたり 塗料にひびが入ったり大変なことになります。 安易に考えずに、専門家に相談してください。 相談・見積り無料ですので、些細な事でもどんなことでも ご相談ください。   お客様の中で、屋根の状況がどうなっているの?自分の家の屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも郡山塗装にご相談ください!!外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓ https://fukushima-toso.com/contact/福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい!お電話番号はコチラ ↓↓ 0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00)ぜひお気軽にお電話ください!! (2020.07.31 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

チョーキングについて!!吉田 淳)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

こんにちは(o^―^o)ニコ 今回はチョーキングについて述べさせていただきます。 自分の家の外壁を触ったことがありますか? 壁を触って手に白い粉状のものがついたら外壁の塗装の時期となります。 専門用語で『チョーキング』といいます。 外壁の塗料の樹脂が劣化し、顔料が粉状になる現象です。                 ぜひお家の壁を触ってチョーキング現象になっていたら 当社へ相談してください。 相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。 お見積りも無料です。   お客様の中で、屋根の状況がどうなっているの?自分の家の屋根は大丈夫なのかな?などなど、お家のことで何か気になることがありましたらどんな些細なことでも郡山塗装にご相談ください!!外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓ https://fukushima-toso.com/contact/福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい!お電話番号はコチラ ↓↓ 0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00)ぜひお気軽にお電話ください!! (2020.07.31 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌

【郡山市】色の変化!(國分)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

株式会社郡山塗装「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。 皆様こんにちは! ㈱郡山塗装の國分です。 郡山市・郡山市近辺の「外壁塗装・屋根塗装&リフォーム」「外壁改修・屋上防水・雨漏り対策」ならぜひ、郡山塗装にお任せください!!   本日は、塗料のお話をしたいと思います。                 こちらは施工中の写真です。実は乾いた下地と同じ塗料を塗っています。 紫色に見える方が上塗り施工中で、塗料が乾燥すると手前側と同じ茶色になります。 色を間違えたかと思うくらい、塗りたては色が違います! こちらの塗料は アステックペイント 超低汚染リファイン1000Si-IR (水性形二液系外壁用低汚染遮熱シリコン系上塗り材)を使用してます。 環境に優しく、汚れが付着しにくく、且つ、雨水で汚れを洗い流す高性能塗料です!   これは水性塗料ですが、水性塗料は溶剤系塗料と比べて、乾いたときの色の変化が大きく、 職人さんたちの間では、このように塗料が乾いて色が濃くなることを「色がのぼる」と言うそうです。   お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!https://www.k-toso.com/toiawase/index.htmlまた、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-yane.com/郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-toso.com/ (2020.07.29 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ

【郡山市】塗装用語(國分)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

株式会社郡山塗装「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。 皆様こんにちは! ㈱郡山塗装の國分です。 郡山市・郡山市近辺の「外壁塗装・屋根塗装&リフォーム」「外壁改修・屋上防水・雨漏り対策」ならぜひ、郡山塗装にお任せください!!                 一般的なお住まいを塗装する場合、ローラーと刷毛で塗っていくことはご存知だと思います。 ローラーは面積の広い部分、刷毛はローラーで塗れない面積の狭い部分に用います。 刷毛を使って狭い部分や細かい部分を先に塗ることを塗装業者や職人さんは「ダメ込み」と言います。 ダメとは字のごとく、「駄目」のことで、塗装の施工不良のことです。この駄目が出ないように 「塗り込む」から「ダメ込み」と呼ばれているそうです。 当社は国家資格者が所属する自社塗装職人50名が在籍しております。 技術力と施工の品質にはこだわりがあります! お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!https://www.k-toso.com/toiawase/index.htmlまた、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。 郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-yane.com/郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-toso.com/ (2020.07.22 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ

【郡山市】下地処理(國分)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

株式会社郡山塗装「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。 皆様こんにちは!㈱郡山塗装の國分です。 郡山市・郡山市近辺の「外壁塗装・屋根塗装&リフォーム」「外壁改修・屋上防水・雨漏り対策」ならぜひ、郡山塗装にお任せください!!  本日は、塗装前の鉄部の下地処理についてご説明します。 塗装前の鉄部のサビや汚れ、旧塗膜は塗装前にヤスリで擦り落とします。 この作業を「ケレン」と呼びます。               ケレンは鉄部以外にも木部などでも行われます。この作業は塗装面の清掃と塗料の密着性が良くなるように行う作業です。 ケレンをした後に鉄部ならサビ止めを塗って中上塗りをしますが、ケレンが不十分なまま塗装をすると、 塗装後2~3年で剥がれてくるような初期不良になる可能性があります。   お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!https://www.k-toso.com/toiawase/index.htmlまた、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。 郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-yane.com/郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-toso.com/ (2020.07.08 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ

色々な物も塗装します【佐久間】郡山市,いわき市,福島市,那須塩原市,地域密着の郡山塗装は外壁塗装、屋根塗装で実績No1

いわき市・郡山市・福島市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく、佐久間 正孝です!                                 今回は、屋根外壁以外の塗装を実施しました。 お客様の希望もあり、塗れる物であれば、塗らさせ頂きます。 是非、塗って欲し物があれば、現場調査時に相談して下さい。   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!詳しくはこちらをクリック!                 ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック! (2020.07.03 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ

【郡山市】外壁(ALC)補修について(國分)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

株式会社郡山塗装「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。 皆様こんにちは! ㈱郡山塗装の國分です。 郡山市・郡山市近辺の「外壁塗装・屋根塗装&リフォーム」「外壁改修・屋上防水・雨漏り対策」ならぜひ、郡山塗装にお任せください!!   外壁は長時間の雨風、紫外線によって経年劣化していきます。 塗装前にはその劣化を見逃さず、適切な処理をしてから施工することが重要です。 今回はその一例をご紹介します。 ALC(軽量気泡コンクリート)の外壁です。経年劣化が進み欠損と塗装の剥離が 発生しており補修しましたが、そのまま塗装に入ると補修跡は残ってしまいますので、 補修跡を目立たなくしていきます。                 補修跡に専用のローラーでを使い下塗り材を模様立てて塗っていきます。 突起している模様がわかりますか? その後、また違うローラーで凸部をならすと、従来と遜色ない模様が出来上がります。                 この作業は「マスチック仕上げ」といい、 下塗り材の量、ローラーの力加減で、仕上がりが変わってきますので 職人さんの技術と経験が必要です。 お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!https://www.k-toso.com/toiawase/index.htmlまた、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-yane.com/郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-toso.com/ (2020.07.01 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ