郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ

郡山塗装の活動ブログ 記事一覧

【郡山市】地震にはしっかりと対策を!!(鈴木康)

皆さん、こんにちわ!! リモデル事業部の鈴木です。   先程、震度3の地震がありましたが皆さんのお家は 大丈夫だったでしょうか!   先月は大阪で大きな地震がありましたね。 その時はプロタイムズ長期新人研修で神奈川県に行っていました。 研修先の先生で大阪から来ている方がいたのですが、 大阪の家の中がぐちゃぐちゃになったと家族の方から連絡が来ていました。   その後も研修中何度か地震があり、南海トラフ地震が近づいているのではないかと実感しました。   東日本大震災を経験した自分としては、 またあのような大きな地震がくるのかと思うと しっかり備えられる内に備えなくてはいけないなと思います!   住宅に関わる仕事をしている私たちも塗装でお家を守るだけでなく、 耐震の知識を少しでも身につける為、社内で耐震についての勉強会が開かれました!!   お家をしっかり支えているはずの柱が地震の影響で土台から抜けてしまい、 2階が1階を押し潰してしまうという事例が過去の大きな地震であったと知り、 もし自分の家がそうなったらどうなってしまうんだろうと怖くなりました。   現在は新築住宅を建てる際は、ホールダウン金物という柱と土台を 金属製の金物で固定することが当たり前になっているということですが、 平成12年6月以前に建てられら住宅はそのホールダウン金物がしっかりと 取り付けられていないそうです!   ホールダウン金物は通常新築時に内部設置されるのですが、 現在は外付けのホールダウン金物があり、 それを取り付けるだけで、しっかりとした耐震対策になるということで、 大きな地震が来る前に 今のうちにできることをしっかりやらなくてはいけないと改めて思いました!!   あの大震災を乗り越えたから大丈夫とお考えの方がもしいましたら、 一度耐震診断を受けてみるのはいかがでしょうか!!     (2018.07.31 更新) 詳しく見る

【郡山市】防水について(鈴木康)

皆さん、こんにちは!! リモデル事業部の鈴木です!!   昨日は雨降ったか思えば、晴れてみたりと 不安定な天気でしたね! 午後は蒸し暑く、どこにも出かける気力が湧かず日中はごろごろと ひたすらベットの上で某動画サイトで気になった動画を見漁っていました!!   しかし、夜は福島市の花火大会に行ってきました。 6年前に見たときは焼き鳥の出店でバイトをしながらだったのですが、今回もその焼き鳥屋さんが出店しており、そこでバイトをしていたのは、 高校の後輩たち!! とても懐かしい感じながらの花火大会でした!!   やっぱり夏の花火はいいものですね~   そんな夏の思い出ができた昨日ですが、 今日から現場では防水工事が始まりました!!   屋上の笠木部分のウレタン塗膜防水!! 雨が面で受けるので、しっかり防水処理を行う必要があるところです!!   今回の施工では防水塗膜を塗るだけでなく、メッシュシートを入れて から防水層一層目を塗布しました!!   こちらがメッシュシートをヘラで押えながら 貼り付けているところです!!           この次にローラーでウレタン防水材を塗布し、 メッシュシートを押さえていきます!! この塗る作業ですが、塗装だと塗料をローラーにつけて 色をつけるという感じですが、 ウレタン防水の場合は、防水材を置いてくるという感じで、 塗装よりも膜厚を厚くつけることが重要です!!   膜厚が薄いと防水としての役割が低下してしまうので、材料自体も外装用塗材に比べて かなりどろどろとしています!   梅雨の時期は過ぎましたが、台風がまた来ているということで防水には是非気を付けて下さい!! (2018.07.30 更新) 詳しく見る

【郡山市】雨樋の詰まり!郡山塗装が解決致します。佐藤【福島県】

こちらをご覧ください。               「大雨が降ると雨漏れするので見てください。」とお客様よりSOS! カメラを上へ伸ばし見てみると、枯葉や小枝が雨樋に詰まっていました。   流れが悪くなった雨樋が、オーバーフローを起こしてしまっていたようです。   決して自作自演ではありませんよ^^; ここまでのケースは稀ですが、   ・周りに植木・樹木が植えている ・落ち葉よく飛んでくる ・小動物を見かける、足音を聞いたことがある ・屋根材の劣化が進んでる   上記の環境下にあると、 詰まりの危険性は十分に考えられます。               今回は高圧水洗浄で洗い流すことで、こんなにも綺麗になりました! もう台風がきて大雨になっても安心ですね♪   塗装はもちろん、雨漏りまで、お家のことなら幅広くご相談承っております。 お電話ください。   (2018.07.28 更新) 詳しく見る
スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌外壁塗装のご相談

【福島県】外壁塗装を行う上で大切なシーリング工事!(石橋)

皆様こんにちは。 福島の外壁塗装&屋根専門店の郡山塗装の石橋です。 先日は久しぶりに同級生たちと母校のユニホームに袖を通し野球を楽しんできました。 高校39年生です!               さて、屋根・外壁の塗り替えですが! お家の塗り替えはたくさんの工程で塗装されています。 屋根・外壁の塗り替えを行うにあたり、知っておくべき工程と 内容を知ることが大切です。 『シーリング工事』 シーリング工事とは、外壁のボードとボードのつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める工事です。この他、サッシの金具と壁のつなぎ目などにも行われます。シーリングをする目的は、つなぎ目から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性」と地震などにより建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」にあります。 シーリング材の種類と特徴 種類 特徴  アクリル系 ALC外壁の目地として使われる 美観性がよく安価だが、耐久性が低い シーリング材の上に塗装が可能  ウレタン系 1液型・2液型がある ALC外壁やサイディング外壁の目地やサッシ周りに使用 紫外線に強くないが、塗装との密着が良い シーリング材の上に塗装可能  変形シリコン系 1液型・2液型がある 紫外線に強く、塗装との密着が悪い シーリングがむき出しである新築のサイディング外壁に向いている  シリコン系 キッチンや浴槽など水周りに使われる シーリング材の上に塗装はできない 外壁のシーリング材としてよく使われているのが、ウレタン系か変形シリコン系です。どちらが良いか、業者や職人によって意見は様々です。 新築の窯業系サイディング住宅では、サイディングボードを施工した後に、シーリングを打ちます。そのため、シーリング材がむき出しの状態になりますので、紫外線に強く耐候性のある変形シリコン系が向いています。 シーリング打ち替え後に塗装する場合には、塗料との密着が良いウレタン系が良いです。ウレタン系のシーリング材は紫外線に強くないので、上に塗装することが前提となっています。シーリングは劣化が早いので、塗装することでシーリングの寿命が延びます。   お客様の中で、屋根の状況がどうなっているの?自分の家の屋根は大丈夫なのかな? などなど、お家のことで何か気になることがありましたら どんな些細なことでも郡山塗装にご相談ください!! 外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓  https://fukushima-toso.com/contact/ 福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、 屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい! お電話番号はコチラ ↓↓  0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00) ぜひお気軽にお電話ください!! 外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」は、創業90年福島県郡山市で、外壁塗装会社として創業しました。 公共工事がメインでしたが、郡山市、いわき市、白河市の福島にお住まいの皆様から、「戸建て住宅の 外壁塗装や屋根の塗り替えを、郡山市や白河市、いわき市でも行ってほしい」という声が多くなり、 外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。 全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。」 を会社の目的として、これからも福島県内塗装業界No.1の実績と信頼の技術で、 多くの人々に喜んでいただき、福島地域の皆様と共に生き、地域にとって必要とされる企業であり続けられるよう頑張ってまいります。 どうぞ宜しくお願いします。 福島県にお住まいの皆様へ  私たち郡山塗装は40名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。 マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に福島県内で10,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。 ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。 「全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。」という理念を大切にして、これからも福島県塗装実績No.1企業としての誇りを胸に、 多くの人々に喜んでいただき、福島と共に生き、福島にとって必要とされる企業でありづづけられるよう頑張ってまいります。 どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム&雨漏りリフォーム&防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 郡山塗装 福島県で外壁塗装をお考えの方はこちらへ⤵ 外壁塗装39万円メニュー  屋根塗装23万円メニュー 福島の外壁塗装&屋根専門店郡山塗装へのお問合せはこちらです⤵ 0120-316-336  メールでのお問い合わせはこちらです⤵ お問い合わせフォーム ご相談・お見積依頼 (2018.07.26 更新) 詳しく見る
スタッフブログ

【郡山市】こんなこともやってます!(濱津)

皆さんこんにちは!濱津です。 台風が来るか!?来ないか!?という状態でしたが、結果来なかったですね! 最近私の住んでいるアパートの周りに新築住宅がたくさん建てられています。 足場も4件程立っておりますので、台風が反れてよかったな。と、同業者目線で ホッとしました。   ただ!お天気が良いのはありがたいことなんですが、雨が恋しくなってきました。 私は実家が農家なので、田んぼや畑のことを考えるとそろそろ雨が降ってほしいです。。。   さて、本日は最近の出来事について書かせて頂きます。 先週の7月20日に、いわきで清掃活動に参加して参りました! これは弊社が行っているボランティア活動の一環で、白河・いわきで行っております。 私は今回初めての参加でした。 お天気にも恵まれ、みんなで汗だくになりながら清掃を行いました。   さすがいわき!海が近いです! やっぱり海を見るとテンションが上がります。 気温は暑かったのですが、海効果で少し涼しくなりました。       そしてそして!一番私のテンションが上がったのが、こちらです。   いわき!海!とくれば海鮮丼!!!!!ですよね! みんなで清掃活動をした後はみんなでおいしい 海鮮丼を頂いて帰りました。       弊社はいわきにも支店がありますので、支店で働くメンバーにも会えてよかったです。   それではまた来週お会いしましょう!! (2018.07.25 更新) 詳しく見る
スタッフブログ

【福島県】コンクリートの劣化について(八城)

皆様こんにちは! 福島の外壁塗装&屋根専門店の郡山塗装の八城です。 今回はコンクリートの劣化について、少しお話ししたいと思います。 皆様の中には、コンクリートで造られたお家にお住まいの方や、職場で過ごされている方もいらっしゃると思います。 基本的には塗装を施して、コンクリートを守っているのですが、塗装が劣化し防水機能が無くなるとどうなるかというと、ヒビ割れや剥落を起こします。 では、どうして防水機能が切れるとヒビ割れや剥落が起こるのかについてですが、その原因は防水性が切れる事により、水がコンクリートに染み、その染みた水が凍り膨張し、割れや剥落を起こします。 また、コンクリートの中性化により内部の鉄筋が錆びるからというのもあります。コンクリートは強アルカリ性で、この強アルカリ性が鉄筋の錆を防いでいますが、中性化する事により鉄筋が錆びやすくなります。そして、鉄筋が錆びると膨張し、コンクリートを内部から押し広げひび割れや剥落が起こります。 これが主なコンクリートの劣化の要因となります。 ですので、コンクリートも塗装にて保護する事が大事になるのです。 もし、塗装の事で気になる事があれば、お気軽にお問合せください。 お電話番号はコチラ ↓↓  0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00) (2018.07.24 更新) 詳しく見る
スタッフブログ

【白河市】「ゆず肌仕上げ」でひび割れ補修!(南郷)

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。 スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。 福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店 株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。 白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください! .。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。   皆様こんにちは! 毎日暑い日が続きますね。熱中症など大丈夫でしょうか? 私は南国生まれのせいか、やはり暑さには強いみたいです。汗だくにはなりますが、毎日元気に現場を回っています。 最近ではいろんな人から「日焼けしたね」といたいところを指摘されるのが悩み事です(笑)   さて、本日は「ゆず肌仕上げ」なるものをご紹介したいと思います。 白河市、西郷村に多いモルタル外壁ですが、ひび割れ(クラック)があると、上から塗装してもひび割れ箇所が目立ってしまいます。そこで、下塗り材に多孔質ローラーを使用して厚付け塗装を行い、ひび割れ箇所を目立たなくしています。 その厚付け塗装をする際に、「ゆず肌仕上げ」を行います。 既存の外壁の模様とは異なってしまいますが、ゆず肌仕上げも素敵な模様です。 ゆず肌仕上げのサンプルもありますので、模様が気になる方はご相談ください!       外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓ http://www.k-toso.co.jp/contact/ 白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!   お電話番号はコチラ ↓↓  0120-880-136 【営業時間9:00~18:00(月~土)】 ぜひお気軽にお電話ください!! (2018.07.24 更新) 詳しく見る
スタッフブログ

【郡山市】 須賀川市、田村市、二本松市、喜多方市、会津若松市、白河市、いわき市、本宮市の郡山塗装

皆さん、こんにちわ!!   屋外にいるだけで溶けそうな暑い日が続きますね!! 自宅に帰ると即エアコン全開で部屋をキンキンに冷やさずには いられない毎日です!   そんな暑い日が続きますが、皆さんはカバー工法という言葉をご存知でしょうか   現在の屋根の上から、新たな屋根を重ねるという工法です。 特にスレート瓦のお家の屋根に用いることが多いのですが、 屋根の状態によってはこのカバー工法ができない場合が在ります!! 屋根の補修をお考えの方がいましたら是非知っておいてほしいのですが、 このカバー工法は屋根の下地木材が腐食しているとできない工法です!!   下地木材が腐食していると、 重ねる屋根材を固定するためのビスを打ち付けても 下地が弱っていると固定できないため、屋根を葺き替えるしか方法がなくなってしまいます。               そうなると費用が大きく変わってきますので、屋根のメンテナンスは早め早めに 行うことが重要です!!     (2018.07.23 更新) 詳しく見る

【郡山市】モルタル外壁の塗装(郷右近)

皆さん、こんにちは!  今回は、モルタル外壁のメンテナンスについてお話いたします。 ・モルタル壁の特徴・ モルタル壁は“ラス網”などの下地にモルタルを塗って形成する外壁です。 主に、砂とセメントを混ぜた建築材で“レンガやブロックの目地”として使います。日本の一戸建て住宅では非常に一般的で身近な外壁材といえるでしょう。 またモルタル外壁は、性質上ひび割れが必ず発生するという特徴があります。 必ずクラックが発生するといっても、構造面や耐水性に問題のない軽微なクラックも含みます。 ・メンテナンスの目安・ チョーキング:外壁の塗料が白い粉のようになる現象 クラック:外壁の劣化などによるひび割れ カビ・コケの発生:外壁の機能低下の兆候 モルタル外壁はサイディングの外壁と比べて、メンテナンス費用が高くなる傾向があります。 それは、左官職人の作業が入るのが基本となり、人件費・施工費がサイディングの補修方法より手間が多く掛かります。 なので、モルタルのメンテナンスを行う際には、しっかりと行い長持ちさせる塗料をお勧め致します。 その他、お家の気になるところ、そろそろ塗替えをお考えの方もどしどしご連絡ください!! お電話番号はコチラ ↓↓  0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00) ぜひお気軽にお電話ください!! 外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓  https://fukushima-toso.com/contact/ 福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、 屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい! (2018.07.22 更新) 詳しく見る
スタッフブログ